SKI 大好き人間 【佐藤智子】 の日記

nikki.jpg
さとうともこのホームページ


からだつくり
すたじお ま〜る
ホームページ

ご一緒にからだつくりを!
BESJ公認マットピラティストレーナー

佐藤智子は猫大好き
スキーバカ

入広瀬スキークラブ
入広瀬SCスキー学校 校長
***** 佐 藤 著 書 *****
最新著書Let's Ski スキーの(文芸社2011/01)

SINCE 2011年05月09日(月)


更新お知らせ設定サイト



[PREV] [NEXT]
...... 2019年09月25日 の日記 ......
■ リンパケア凄いです!   [ NO. 2019092501-1 ]
約一週間前、「さとう式リンパケア 筋肉ゆるめる(MRT:マッスルリリーステクニック)」なる講習を受講して参りました。

リンパケアのスーパーリフトアップもかなり驚いた私でしたが、「筋ゆる」も凄いです!
アスリートは絶対に取り入れるべきです!

体は楽になるのですが、足元に落ちる重さが半端なく感じられました。
それに伴って、足裏で地面を踏む強さも凄く強く感じられたのです。
そのからだのバランスが、本来のからだのバランスだとしたら、楽にからだを動かすことは間違いないのです。

自身の専門分野の練習や大会のその前に、筋肉をゆるめておいて、パフォーマンスを高められるようにしておくことです。

もし、自身では感じることのない筋肉の緊張などが体内で起こっていたとして、基準が歪んだ状態でトレーニング突入だとしたら、無理が生じた場合などは怪我に繋がり兼ねません。
それらを防ぐためにも、筋肉をゆるめてから、パフォーマンスへ突入することが大事になってくるのだと思います。

さとう式リンパケアは、筋肉をゆるめて間質リンパの機能を充実させる目的があります。
筋肉の硬直により、体内の濁った体液がリンパに吸収されなくなり、たるみやむくみになっていくのですから、リンパの機能がお休みしてしまうということになります。
それは困りものですよね。

そうであるのであれば、筋肉をゆるめて、リンパが濁った体液を吸収しやすい環境を整えて、それをろ過さして貰い、また、体内へ綺麗な体液として戻す働きをして貰う。

それがさとう式リンパケアなのだそうです。
(※佐藤智子の佐藤ではありません)

さとう式リンパケア
来月初め、もう一回「筋ゆる」講習を受講します。

私自身もリンパケア含め
からだを本来持つ姿で維持できたらと思っています。

ピラティス等含め!



即効性は物凄いです。
ただそれからは継続が大事です。
ピラティスと取り入れて、「綺麗な強くしなやかなからだを造る!」を目標に進む道が出来ました!

是非、佐藤の施術をご経験下さい!!!
先ずはリンパケアでリフトアップするご自身の本来の顔の姿を見ること大事かと思います!
あまりにもの違いに驚きですよ。

190922.jpg
今頃ですみません。

9/22の新潟日報新聞・魚沼地区
集合チラシに載せました。

9月一杯お一人様施術1回1,800円です!

「チラシ見ました」と、大勢の方がお越し下さいました!

ピラティスでチラシを出した時は
「チラシ見ました」でこんなに連絡はなかったです(笑)



190924.jpg
私自身、リンパケアを知って、かなり皮膚の状態が良くなっと感じています。



昨日、人間ドックで、初めての所で検診でした。
その中で驚きは、初めて運動検査をしたことでした。

ヤバいと思ったのは・・・みなさまもチェックしてみて下さい。
・両手を軽く腰に当てます。
・両脚をちっかり地面につけて、目をつぶりましょう。
・どちらかの足を軸にするので、その足に体重をかけます。
・もう一方の足を軸になる脚につけない様に、浮かします。
さて、何秒間維持できますか?
私は70秒強でした(><)
余りにものヤバさに、これから毎日トレーニングを試みて参ります!

・軸足が動き過ぎたらその時点で終了。
・腰から手が離れたら終了。
・目が開いたら終了。
・浮かした足が軸足についたら、地面についたら終了です。

この運動が果たして必要なのか・・・と思いながら、自分の不甲斐なさを痛感した私でした。
20歳代は4分間なのだそうです!

それに高く跳ね上がる。
これは膝に来ると思いパスしましたが、みんな間接炒めそうなバランスで跳んでましたが、これも危ない感じの運動機能チェックでした。

でもドックでこういうのをしているなどとは初めてだったので凄いと思いました。
面白いかも。
来年は今年よりも成績優秀にしよう!
と、心した私でした(笑)

結果は10/10頃郵送です。

そうそう。
今迄のドックでの血圧は何時も高かったのですが、低くなった!
これは何が要因なのか・・・リンパケアか!!!???
かも知れない。

...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: